新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

Monthly Archives: 2月 2017


3月18日(土)新潟市HAPPYターン相談会を開催します!

新潟市への移住について、何でも気軽にご相談いただける相談会を東京で開催します!気候、交通、住まい、教育、レジャーなど、どんどん相談ください。みなさまのお越しをお待ちしております。

日時・会場

日 時 平成29年3月18日(土)11:00~16:00
会 場 表参道・新潟館ネスパス3階 展示・交流スペース
東京都渋谷区神宮前4-11-7 (表参道ヒルズ隣り)

開催内容

移住に関するご相談に新潟市職員が無料で対応いたします。

申し込み

事前に申し込まれた方を優先に、相談をお受けいたします。下記ページより必要事項を入力の上、3月15日(水)までにお申し込みください。

当日の相談希望時間は、先着順とさせていただきます。相談の時間帯は、相談日の前日までにご記入いただいたメールアドレスにお伝えいたします。

空き状況に応じて事前申し込み無しでも相談をお受けしますが、事前に申し込みされた方を優先させていただきます。当日の申し込み状況は、新潟暮らしFacebook「HAPPYターンな人々」でお知らせします。

申込みフォーム

HAPPYターン相談会チラシ.pdf

問い合わせ先

地域・魅力創造部 新潟暮らし奨励課
電話:025-226-2149 E-mail:kurashi@city.niigata.lg.jp
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1

新潟市HAPPYターン相談窓口(新潟市東京事務所)
電話:03-5216-5133 E-mail:office.tokyo@city.niigata.lg.jp
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-1 日本都市センター会館9階

移住経験インタビューに新規記事を掲載しました

移住経験インタビューのページに安在雄祐さんの記事を掲載しました。

新潟を拠点に活動するアイドルグループ・NGT48を地元で応援するために北海道から移住した安在さん。

転職や移住をスムーズに進められたのは、【新潟県U・Iターンコンシェルジュ】制度を活用したからとのこと。

移住したいけれど仕事が心配・・・という方にとってのヒントがつまったインタビュー記事は、下記ページからご覧いただけます。

 

移住経験インタビューページ

安在さん「NGT48を地元で応援しながら仕事も頑張る!」

移住までの経緯・概要

私は北海道の札幌市出身ですが、数年前から他の土地へ移住することを漠然と考えていました。その候補地としていたのが、福岡県と新潟県でした。そんな折、新潟ではアイドルグループのNGT48が結成され、2016年の1月にはNGT48劇場ができました。私はNGT48のファンになって、劇場がオープンしてからは北海道から新潟市までライブを観に行くようになりました。それで2度、3度と新潟市に足を運ぶたびに「住みやすそうな場所だな」と思うようになり、新潟市への移住を決意しました。ただ、移住するにも仕事がなければ無理なので、2016年5月に新潟県が運営する移住サポート制度である【新潟県U・Iターンコンシェルジュ】に登録をしました。そこでは、自分の希望する条件に合った新潟県内での仕事を探してくれたり、住む場所の相談にのってくれたりと、さまざまな面で移住に関するサポートをしてもらいました。結果、今わたしが勤務している新潟中央水産市場株式会社を紹介していただき、2016年9月に新潟市に移住することができました。

きっかけ

NGT48の存在は、新潟市への移住を決める何より大きなきっかけになりました。新潟市に来るまでは、自分の中でもっと田舎のイメージがあったんですが、実際に来てみたら新潟駅周辺の中心部はすごく賑わっているし、街のスケールも大きくて楽しそうな印象を持ちました。それと、空港もあるし新幹線もあるので、県外へのアクセスのよさもポイントになりました。NGT48もホームの新潟だけでなく、東京でライブをしたり握手会があったりするので、新幹線に2時間乗るだけで東京に行けるという距離感は重要なポイントです。もし、九州に住んでいたら東京に行くのはものすごく大変ですから(笑)。

そして、新潟の食文化の豊かさも決め手のひとつになりました。初めてタレかつ丼を食べた時の衝撃的なうまさは、今でも忘れないですね。移住した後、一時期、週に二度は食べるほど、タレかつ丼には魅せられてしまいました(笑)。

よかったこと・苦労したこと

NGT48の近くに来られたのは何より嬉しいことです。そして、アクセス面で東京に近いというのもよいですね。上越新幹線に乗れば2時間で東京に出られるのでライブに行ったり、友人に会い行ったりするにも便利な場所だと思います。NGT48の楽曲に『Maxとき315号』という上越新幹線の名前をタイトルにした曲がありますが、今年の1月に行われたAKBグループのリクエストアワーでこの曲が1位に選ばれました!NGT48のホームである新潟市でその瞬間を味わうことができて、本当に嬉しかったです。

タレかつ丼だけでなく、おいしい魚を食べられるようになったのもよかったことです。鮮魚を扱う仕事をしていることもあって安くて新鮮な魚介類が手に入りますからね。北海道にはない、新潟ならではの魚も色々あって、みんな本当においしい!これも新潟市に移住してこの仕事に就いたおかげですね。スープカレーが食べられるお店があまりなくて、たまに恋しくなりますが(笑)。

初めは知り合いがいなかったり、買い物する場所もわからず苦労したこともありましたが、友達もでき、新しい生活にもすぐに慣れました。

移住を検討している方へのメッセージ

移住を考え始めた時、心強かったのが【新潟県U・Iターンコンシェルジュ】という制度でした。ウェブサイトで登録するだけで、移住に関してのサポートを受けることができます。私の場合は仕事探しの面で、NGT48のライブを観に行けるよう夕方5時までに終わる業務で、なおかつNGT48劇場のある万代シテイまで30分程度で行ける勤務地という希望を出したんですけど、コンシェルジュのおかげで希望通りの条件で今の仕事を見つけることができました。また、仕事探しは移住する前段階で働きながらやらなければならない場合が多いと思いますが、北海道にいる私に代わって、就職先の会社と採用の打ち合わせなどを行ってくれたのは助かりました。この制度がなければ今の仕事を見つけることはできなかったと思いますし、他にも補助金の紹介や住まい探しも手伝ってくれるので、とてもありがたい存在でした。「新潟市に住んでみたい」という気持ちのある方は、迷わず登録することをおすすめします。仕事、住居、交通面など、移住にはたくさん考えることがありますけど、全部をひとりで抱え込まないで、コンシェルジュ制度をはじめ行政機関を活用するのがよいと思います。

 

NGT48 『Maxとき315号』(You tube)

新潟県U・Iターンコンシェルジュ

新潟市×NGT48太野彩香さん主演 新潟暮らしプロモーションムービー「アヤカニたーん」

(2017年2月)

第6回HAPPYターン交流会 開催レポート

日 時:平成29年2月18日(土曜) 13:00~16:00

会 場:新潟市中央区清五郎401番地 「いくとぴあ食花 食育・花育センター 講座室A」

参加者:27名(Uターン:13名 Iターン:1名 転勤1名 移住予定:1名)

参加費:200円 ※試食代相当

共 催:ミチシルベ(新潟市移住者応援有志の会)

■ はじめに

これまで5回開催してきた「HAPPYターン交流会」について,活動内容やその成果について,交流会を市と共催しているミチシルベ(新潟市移住者応援有志の会)から発表がありました。

また,交流会から生まれた仲間同士で活動する“スピンオフ企画”も紹介。今回はフットサル仲間の募集がありました。これ以外にもランニング会や,路線バスで市内注目スポット巡り(美味しいお酒付き!)など様々な活動が行われています。気になった方は参加してみてはいかがでしょうか?

■ テーマ1:あなたが選ぶ新潟の「オススメ米菓」

前回の「あなたが選ぶ新潟市のオススメお土産」に続く,“食”シリーズ第2弾。今回は新潟市が出荷額全国1位を誇る「米菓」がテーマ。せっかく新潟市にいるのだから,色んな種類を食べてみよう!ということで,おなじみのものからちょっと珍しいものまで全12種類を食べ比べ。自分的№1を決め,同じものを選んだ人同士でチームを組み,その米菓を選んだ理由やアピールポイントをプレゼン。大好きな米菓へのアツい想いを語り合う中で,話が弾み,会場内は笑い声とおいしそうな匂いに包まれていました。

      

 

 

 

 

 

 

 

■ テーマ2:移住して困ったこと・悩んでいること

『食』,『生活』,『まち』,『ひと』の4つのカテゴリーに分かれ,普段感じている困ったことや悩んでいることなどについて共有しました。そしてそれを解決するためにやってみたい事についてもアイデアを出し合いました。「休日の過ごし方がわからない」という悩みに対して「参加しやすいサークルの連絡先一覧を作る」(『生活』)や,「知り合いができない」という声には「みんなで地域のお祭りに参加する」(『ひと』)などすぐにでも取り組めそうなものも提案されていました。

 

■ おわりに

交流会が終わる頃には,連絡先を交換し合う光景が見られました。また,今回も新たに「新潟市HAPPYターンサポーター」に登録した方がいらっしゃいました。交流会に参加したり,新潟暮らしの魅力を発信するなどの活動を行っていただくHAPPYターンサポーターは,随時登録を受け付けています。

今後も引き続き,交流会を開催していく予定です。興味がある方はお気軽にご参加ください!

 

新潟市HAPPYターンサポーターの登録はコチラ

さいとう