新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

Monthly Archives: 10月 2017


【10/21】HAPPYターン交流会 開催レポート

日 時:平成29年10月21日(土曜) 13:00~17:00

会 場:みなとぴあ(新潟市歴史博物館)

参加者:34名

主 催:ミチシルベ(新潟市移住者応援有志の会)・新潟市

■ はじめに

これまで開催してきた「HAPPYターン交流会」での活動内容やその成果について、交流会を市と共催しているミチシルベ(新潟市移住者応援有志の会)から発表がありました。

また、交流会をきっかけに有志で活動した“スピンオフ企画”も紹介。釣りやフットサル、ランニング会など様々な活動が行われています。気になった方はミチシルベfacebookをチェックしてみましょう。新しい趣味友達ができるかもしれません。

■ 移住して困ったこと・してみたいこと

「まち」「人」「食」「生活」のテーマ毎に分かれ、新潟で困ったこと・してみたいことをみんなで共有しました。
新潟のおいしいものをもっと知りたい!…ならば、おいしいものを食べ歩くグループを作ろう!と盛り上がり、ほかにもお酒が苦手な人も交流を楽しめる朝食ツアーをやりたい!など活発なアイディアが飛び交いました。

■ 野内さんによるまちあるき

NHKの人気番組「ブラタモリ」で新潟案内役をつとめた路地連新潟メンバー代表の野内隆弘さんから、新潟のまちのなりたちについて楽しく学びました。

まずは新潟の歴史を紹介している「みなとぴあ(新潟市歴史博物館)」の常設展示を野内さんの軽快なトークとともに観覧しました。

みなとぴあを飛び出して、まちあるきスタート!

まちあるきは「新潟下町あるき 日和山登山のしおり」のコースを歩きました。
なんとこのコースはグッドデザインを受賞したスペシャルなコース!
”みなとまち新潟”を体感するにはぴったり。

湊稲荷神社では、回る狛犬を紹介。昔の人は、狛犬を回した後、西に向けて止める人が多かったと聞きました。なぜ西に向けたのかわかりますか?気になる方は野内さんのまちあるきに参加してみましょう!(フェイスブック路地連のページ

ほかにも新潟市出身の歌手「小林幸子さん」の生家を案内したり、ほそ~い路地を抜けてみたり、ところどころはさむ野内さんのガンダムネタに吹き出したり皆さんの笑顔が絶えないまちあるきでした。

野内さんのトークは興味深い話ばかりで、終了後のアンケートでは「おそらくまちあるき中100回くらい「へぇ~」と言いました笑」という意見もあったほどです。

ゴールは日和山山頂。といっても12.3mの高低差なので、少し小高い丘から新潟のまちを参加者全員で見渡しました。

最後に、日和山の中腹にあるカフェで1,2階にわかれて記念撮影しました♪

■ おわりに

交流会後には有志による懇親会が開かれ、新たな繋がりが生まれ、ここからまた楽しい企画が生まれてきそうです。また、今回も新たに「新潟市HAPPYターンサポーター」に登録した方がいらっしゃいました。交流会に参加したり、新潟暮らしの魅力を発信するなどの活動を行っていただくHAPPYターンサポーターは、随時登録を受け付けています。
今後も引き続き、交流会を開催していく予定ですので、このホームページやフェイスブック、市報等でお知らせします。

新潟市HAPPYターンサポーターの登録はコチラ

 

いなば


関連ページ

【10/21】HAPPYターン交流会を開催します

新潟市HAPPYターンサポーターの皆さん

■過去の交流会

第1回

第2回

第3回

第4回

第5回

第6回

第7回

第8回

第9回

第10回

移住経験インタビューに新規記事を掲載しました

移住経験インタビューページに白井宗一郎さんの記事を掲載しました。

大学進学を機に上京し、東京でビジネスマンとして過ごしていた白井さんは、30歳後半頃から「新潟に帰りたい」という思いと、両親が元気なうちに親の近くに帰りたい気持ちが湧き、Uターンを決意しました。

新潟市に戻り、まちあるきのイベントへの参加や自身で異業種交流会を企画・運営するなど、新たな人との貴重な出会いが生まれているとのこと。

新潟市はグローバルに仕事ができる環境があり、多拠点生活の候補としておすすめだと語る白井さんのインタビュー記事はコチラから!

移住経験インタビューページ

白井さん「多拠点生活の候補として、新潟市はおすすめ」

移住までの経緯・概要

新潟市出身ですが、大学への進学を機に東京に行き、卒業後もそのまま都内で就職をしました。最初は建設業界でコンサルタントの仕事をしていたのですが30歳の時に転職をしました。学生時代からサッカーが好きだったこともあり、スポーツに関わる仕事をしたいという思いもあったので、サッカースタジアムやゴルフ場の芝を扱う会社に入社し、営業マンになりました。仕事はすごく順調にやれていたし、故郷である新潟でもサッカー練習場の芝を張り替える仕事に携わったこともありました。そんなビジネスマン人生を過ごしてきたなかで30歳の後半になった頃から徐々に「新潟に帰りたい」という思いが湧いてきたんです。そこで、新潟での求人を探していたところ、レンタルオフィスを主な業務とする外資系企業が新潟進出にあたり、マネージャー職を募集していました。年齢的な面も考えると「今しかない」と思ったので、前職を辞め、その会社の採用試験を受けたところ内定をいただきました。それで2016年11月に故郷である新潟市にUターンしたんです。

きっかけ

新潟に戻る直前は、仕事の都合で埼玉県の北本市に住んでいたんですけど、その頃から今も一緒に暮らしている彼女がいます。彼女も私と同じく新潟市の出身で、中学校の同級生なんです。やはり、お互い新潟市が故郷ですから、離れた場所で暮らしていると、新潟を思い出すことも多いし、地元のことが話題になったりもします。次第に二人とも「地元に帰りたいよね」という気持ちが高まっていったのが、大きなきっかけとしてありました。正直なところ、私の父親からは「仕事も順調なんだし、わざわざ新潟に帰って来なくてもいいのでは」と言われたこともありました。けれど、私も彼女も、ともに両親が健在だったので、逆に元気なうちに親の近くに帰って、一緒に過ごす時間を作りたいというのも、お互いの気持ちとしてあったんです。なので、私自身と同郷のパートナーの意志で、生まれ故郷に戻ってきました。

よかったこと・苦労したこと

前述の通り、新潟市に戻る前に住んでいたのが北本市(猛暑で知られる熊谷市近隣)だったので、夏の過ごしやすさは比較にならないです(笑)。そして、毎日の生活の中で感じるのは「食」のレベルの高さですね。何を食べてもおいしいし、食生活に関してはとても豊かになったと感じています。趣味の面では、新潟にはいいゴルフ場が多いし、山や海も近い。クルマで少し走れば、すぐにいろんなアクティビティが楽しめる環境があるのはいいですね。あとは、地方都市ならではの、ゆったりとした空気感がとても心地よいです。ビジネス面では、逆にもっとスピード感や貪欲さがあってもいいのではと思いますけど(笑)、ワークライフバランスはとてもよい感じで生活できています。折に触れて帰省していましたけど、新潟市で暮らすのは20数年ぶりなので、古町がかなり寂しくなっていたり、街の変化に驚くことや、今になって初めて知ることも多いですけど、そこも含めて楽しいことばかりです。新潟は人のあたたかさをとても感じるし、休日にはまちあるきのイベントに参加したり、ビジネス面では私自身が異業種交流会を企画・運営したりすることで、新たな人との貴重な出会いも多く生まれています。

白井さんが企画・運営する異業種交流会

移住を検討している方へのメッセージ

私は今、新潟市にUターンをして新潟に軸足を置いて生活しています。仕事の面では、新潟に戻ってくるきっかけになったレンタルオフィスの会社から、また別の中国系の会社に移ったんですけど、当然新潟だけでなく東京で仕事をすることもあれば、本社のある中国に出張に行くこともあるわけです。そういう意味では、新潟市にいながらグローバルに仕事ができている。これからの時代は1拠点から2拠点、そしてさらに多拠点でビジネスをして、生活をするというスタイルが当たり前になってくると思うんです。そういった点においても、新潟市というのはすごくいい場所だと感じています。新幹線を使えば2時間足らずで、日本の首都に行ける場所だし、生活もしやすい。ほどよく都会で、ほどよく自然があって快適に暮らせる場所だし、ほかにはなかなかないはずです。新潟市役所では「HAPPYターン相談会」などの移住に関するイベントを開催しているので、ぜひ気軽に参加してみてほしいです。その中で、これからの時代に必ず訪れるであろう、多拠点生活のひとつの場所として、新潟市を候補にしてもらえたら嬉しいですし、本当におすすめできる場所だと思います。

 

11月4日(土)新潟市HAPPYターン相談会を開催します!

 

新潟市への移住(UIJターン)について、何でも気軽にご相談いただける相談会を東京で開催します!気候、交通、住まい、教育、レジャーなど、どんどんご相談ください。みなさまのお越しをお待ちしております。

日時・会場

日 時 平成29年11月4日(土)10:30~15:30
会 場 表参道・新潟館ネスパス3階 展示・交流スペース
東京都渋谷区神宮前4-11-7 (表参道ヒルズ隣り)

開催内容

移住に関するご相談に新潟市職員が無料で対応いたします。

申し込み

事前予約制となっておりますので、下記ページより必要事項を入力の上、11月1日(水)までにお申し込みください。

当日の相談希望時間は、先着順とさせていただきます。相談の時間帯は、相談日の前日までにご記入いただいたメールアドレスにお伝えいたします。

申込みフォーム

HAPPYターン相談会チラシ.pdf

問い合わせ先

地域・魅力創造部 新潟暮らし奨励課
電話:025-226-2149 E-mail:kurashi@city.niigata.lg.jp
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1

新潟市HAPPYターン相談窓口(新潟市東京事務所)
電話:03-5216-5133 E-mail:office.tokyo@city.niigata.lg.jp
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-1 日本都市センター会館9階

10月29日(日) にいがた暮らしセミナーに出展します!

『地方には仕事がない!』それはウソです。
いま、地方には仕事があふれ、むしろ担い手の方が足りていません。

このセミナーでは、新潟の農山村を舞台に、イナカだからこその仕事や働き方をしている人たちをお招きして、イナカ仕事の実態や見つけ方と、山の暮らしの魅力などをご紹介します。

第1部では、イナカのシゴトとライフスタイルをテーマにトークセッション。
第2部では、新潟の仕事情報満載のU・Iターン相談会を開催します。

新潟市は第2部のU・Iターン相談会に出展します!
仕事以外の生活全般の相談にも対応します。

 

日時・会場

日 時 平成29年10月29日(日)16:30~19:30
会 場 ふるさと回帰支援センター セミナースペース
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階

申し込み

申し込み方法や、詳しいイベント情報については、下記サイトをご覧ください。

にいがたU・Iターン総合サイト にいがた暮らし