新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

Monthly Archives: 1月 2020


【1/18】「トビラ」プロジェクト成果発表会開催レポート

日 時:2020年1月18日(土曜) 14:00~17:00

会 場:内野まちづくりセンター(西区内野町413番地)

参加者:53名

主 催:新潟市、にいがたイナカレッジ

■ これまで

トビラプロジェクトでは、大学生と地域活動を行う5団体が地域課題を解決するプロジェクトを一緒に企画・運営してきました。

今回はその成果発表の場。
学生の皆さんは時間のない中、発表準備を進めてくれていました。

■ はじめに

発表会のはじめに新潟市からあいさつと、にいがたイナカレッジよりの流れの説明がありました。

■ 第1部 各グループの成果発表

①ごまうふふで1000人スマイルプロジェクト

まずは「ごまうふふで1000人スマイルプロジェクト」の発表です。
このプロジェクトでは、亀田の石本商店が作るこだわりのごまどうふのおいしさを伝えるため、1000人の笑顔を動画におさめ、発信していきました。(詳細はコチラ

当日は成果物として作成したムービーが流れ、みんなの笑顔でごまうふふの魅力が伝わる内容となっていました!
学生さんが様々なところに赴いて、撮影協力依頼をした努力も伝わってきますね~。

学生から「活動の記念に作りたい!」との声で、お揃いのパーカーを作成し、当日は着用していました!

また、ムービー作成にかかった費用はクラウドファンディングで支援者を募り、見事、目標金額を達成していました!(詳細はコチラ

これから支援者の方々へのリターン(特典)の作成があるとのことで、もうしばらく活動は続きそうです…!

学生からは、

「ごまうふふ愛がすごく芽生えた。今後は地元に戻るかもしれないが、また通いたい。」

「石本商店のカッコよさを感じた。今後の働き方を考えさせられた。」

などの声が上がりました。

最後に受入先の石本商店、大島さんからお言葉をいただきました。

 

②がばじこ魂の叫びマガジンづくりプロジェクト

続いて「がばじこ魂の叫びマガジンづくりプロジェクト」の発表です。
生きづらさを抱える人のための居場所と役割づくりを提供するNPO法人がばじこ。学生が当事者の方へインタビューし、それを冊子にすることで、がばじこの活動の思いを発信していくプロジェクトです。(詳細はコチラ

実際に作成された冊子も配布されました。

学生からは、

「インタビューを書き起こした5万字を2000字にまとめあげるのに、何が重要かを考えさせられた。」

「がばじこが第2のホームのような感覚になった。」

などの声があがりました。

最後に、受入団体の新保さんからお言葉をいただきました。

 

③松浜「食」のRプロジェクト

続いて「松浜「食」のRプロジェクト」の発表です。
北区松浜地域の伝統ある食文化を次世代に伝えるため、シェアキッチン「CROSS HARVOR」での料理教室開催を通して世代間交流していくプロジェクトです。(詳細はコチラ

このプロジェクトでは、イベント当日の運営を考える企画チームと、イベント集客を考える広報チームに分かれて11/30の料理教室開催に向けて準備を進めてきました。(料理教室の様子はコチラ
料理教室でも活動の様子をうまくまとめて発表していましたが、今回はさらにパワーアップした発表をみせていただきました!

学生からは、

「松浜について深く知ることができた、濃い3ヶ月だった。」

「また、松浜にいきたいと思った。」

といった声があがりました。

最後に受入れ団体である、松浜Rプロジェクトの小林さんと山本さんよりお言葉をいただきました。

 

④内野おうちのごはんプロジェクト

続いて「内野おうちのごはんプロジェクト」の発表です。
1人暮らしの学生たちが、「たまにはみんなでごはんを食べたい」「地域の人とおしゃべりしたい」と始まったおうちのごはん会。地域にも学生と話したい人がいるのでは?どんな会が必要なのか?をごはん会やアンケートの実施を通して模索するプロジェクトです。(詳細はコチラ

それぞれのスライドから、メンバー同士で深い考察を行ってきたことが感じられました。

学生からは、

「考えの深掘りの時間が長く、文字に表現するのが大変だった。」

「身近な地域のことを知るきっかけとなった。」

といった声がありました。

最後に受入先の西田さんよりお言葉をいただきました。

 

⑤まきどき村の農ある日常を届けるプロジェクト

最後に「まきどき村の農ある日常を届けるプロジェクト」の発表です。
西蒲区福井集落のかやぶきの家で17年間行われてきた朝ごはんの会。そんなまきどき村の活動を学生が実際に通って体験し、自身の感じたことやメンバーへのインタビューを記事にして、展示会を開催するプロジェクトです。

この発表会と同日の18日と19日に、内野の又蔵ベースで展示会を開催していました。(その様子はコチラ

学生からは、

「消費⇔生産の関係ではない、温かい雰囲気が魅力的だった。」

「最初はしゃべって、食べてばかりで先行きが心配だったけど、そういった何気ないことが重要だった。活動を通して様々な世代、価値観の人と出会えた。」

「まずはコミュニティの一員となることの重要性を学んだ。」

といった声がありました。

最後に、受入先の唐澤さんよりお言葉をいただきました。

■ 第2部 振り返りグループワーク

第2部ではグループになり、学生が「参加したきっかけ」、「活動を通して印象的だったこと」、「本日の感想」を画用紙にまとめ、グループ内で発表しました。
その後、参加者の方と意見交換を行い、学生に向けて質問が飛び交っていました!

最後にみんなで記念撮影♪

■ おわりに

発表会終了後は、プロジェクト参加者の皆さんで懇親会を開催しました。
学生さんは、他のプロジェクトの様子は気になるけど、実際に会って話す機会はそこまで多くなかったと思うので、刺激的なお話が聞ける良い機会だったのではないでしょうか。

 

学生と受入団体の皆さまは時間がない中、分かりやすくまとめていただいてありがとうございました!

今回のトビラプロジェクトを通して、地域の面白さや可能性に触れた学生の皆さんが、継続して地域と関わっていくことを願っています。

 

渡辺(航)

 

【1/26】HAPPYターン交流会 開催レポート

日 時:2020年1月26日(日) 13:00~16:00

会 場:いくとぴあ食花 食育・花育センター

参加者:49名(うち子ども23名)

参加費:300円

主 催:ミチシルベ(新潟市移住者応援有志の会)・新潟市

■ はじめに

これまで開催してきた「HAPPYターン交流会」での活動内容やその成果について、交流会を市と共催しているミチシルベ(新潟市移住者応援有志の会)から発表がありました。

また、交流会をきっかけに有志で活動した“スピンオフ企画”も紹介。飲み歩きやカーリング、ランニング会など様々な活動が行われています。気になった方はミチシルベfacebookをチェックしてみましょう。新しい趣味友達ができるかもしれません。

■ 第1部:笹団子&ぽっぽ焼きを作ろう!

今回みんなで作るのは、新潟名物「笹団子」と、お祭り屋台の定番「ぽっぽ焼き」。
教えてくれるのは、ピンクのエプロンが素敵な10人の新潟市食生活改善推進委員、通称「食推さん」。

本番の2時間半前から準備をしてくださいました。本当にありがとうございます。

班ごとにまずは自己紹介。年齢も性別も出身も様々ですが、エプロンに三角巾姿で自然と笑顔がこぼれていました。
食推さんの指導のもと、調理スタート!まずは笹団子の生地を参加者みなさんで力を合わせてこねました。

スムーズにこねるには結構コツが必要です。。
生地は30分ほど寝かせますが、事前に準備していた生地を使って次の工程に進みます。

笹団子の生地にあんこを入れ、笹で包みます。
結び方が少し複雑ですが、食推さんの指導のもと、みなさん上手に包んでいました♪
手が小さくて包むのがなかなか難しい方は、洗濯ばさみを使うと良いみたいです!

包んだ笹団子を蒸したら完成です。とってもおいしそう…!

同時にぽっぽ焼きを作ります。
材料はてんぷら粉、重曹、黒砂糖、水のみとシンプル。それらを混ぜ合わせてフライパン焼いていきます。
弱火でじっくり焼くのがポイント!

とっても簡単です!

自分たちの作った笹団子とぽっぽ焼きを各テーブル毎で食べました。
出来上がりのクオリティも高く、みんなで食べると一層おいしいですね~!

 

■ 第2部:新潟スイーツを考案しよう!

調理後は、グループワークを行いました。
新潟の食材を使ってどのような新潟スイーツが考えられるか、来年度はどのようなスイーツを交流会で作ってみたいかの案出しを行いました。

中にはかなり斬新なアイデアも…笑

■ おわりに

交流会を通じて、新たな繋がりが生まれ、ここからまた楽しい企画が生まれてきそうです。また、今回も新たに「新潟市HAPPYターンサポーター」に登録した方がいらっしゃいました。交流会に参加したり、新潟暮らしの魅力を発信するなどの活動を行っていただくHAPPYターンサポーターは、随時登録を受け付けています。
今後も引き続き、交流会を開催していく予定ですので、このホームページやフェイスブック、市報等でお知らせします。

新潟市HAPPYターンサポーターの登録はコチラ

 

渡辺(航)


関連ページ

【1/26】HAPPYターン交流会を開催します

新潟市HAPPYターンサポーターの皆さん

■過去の交流会

第1回

第2回

第3回(ガイドブックを作ろう)

第4回(お土産)

第5回(子育て)

第6回(米菓)

第7回(新潟駅)

第8回(方言)

第9回(岩室温泉)

第10回(郷土料理)

第11回(まちあるき)

第12回(冬の過ごし方)

第13回(子育て)

第14回(まちあるき)

第15回(新潟すごろく)

第16回(バス交通)

第17回(南区フルーツ)

第18回(冬の過ごし方)

第19回(笹団子&ぽっぽ焼き作り)

第20回(子育て)

第21回(まちあるき)

第22回(アルビサポーター体験)

第23回(冬の過ごし方)

HAPPYターンLabo Vol.22「内向的?社交的?」

第22回目のテーマは、「内向的?社交的?」です。

新潟の県民性として、少しシャイで温厚であると言われることが多いです。

では、新潟市に移住してきた人たちは、どんな性格の人が多いのでしょうか?

今回はHAPPYターンサポーターの皆さんに、自分は内向的と思うか、社交的と思うかを聞いてみました。

気になる結果はコチラです!

内向的?社交的?(移住者アンケート調べ:有効回答数31名)

社交的という人が約6割という結果になりました。

新潟市へ移住してきた人は、外への関心が高く、人と積極的に関わる人が多いのかも知れません。

 

次回は、「Uターン?Iターン?Jターン?」をリサーチします。

お楽しみに~!

まきどき村の農ある日常を届けるプロジェクト 1/18 参加レポート

日 時:令和2年1月18日(土)

会 場:又蔵ベース(西区内野町1356番地)

■これまでのまきどき村

このプロジェクトでは、学生がまきどき村のコミュニティに入り、田んぼや畑仕事をしたり、かまどでご飯を炊き、みんなで食事を作ったり、まきどき村の農ある日常を実際に体験してきました。

今回はその成果発表の場。
学生がまきどき村で実際に体験したこと、メンバーにインタビューしたこと、考えたことをまとめ、内野町の又蔵ベースで展示しました。

■唐澤さん×西田さんのトークセッション

当日は、まきどき村代表の唐澤さんと内野おうちのごはんプロジェクトの受入団体の一人でもある西田さんのトークセッションから始まりました。

唐澤さんの「まきどき村の活動は、お客さんとサービス提供者の関係になりたくない。自分で農作業し、収穫し、料理もする。まきどき村には外から来た人が我が家のように使う余白がある。」
という話が印象的でした。

■展示会

展示会ではまきどき村の発足経緯から、参加しているメンバーがどういった思いで活動しているのか等、取材したものが写真も含めておしゃれに配置され、まきどき村での活動がイメージできる内容となっていました!

今回参加してくれた4名の学生メンバーは皆、新潟県外の出身でした。

まきどき村で収穫したお米で作ったおにぎりが振る舞われ、和やかな雰囲気で展示を楽しむことができました。
また、まきどき村の活動をまとめた「TANEMAKI_2」やまきどき村でとれたコシヒカリ、大根、ネギ、ニンニクなども販売され、会場もとっても賑わっていました~!

■最後に

ただの「営み」の中にまきどき村の価値がある。
そんな中でこのプロジェクトではどういったことをすべきか、悩むことも多かったと思います。

完成したものは、まきどき村に足を運んでみたくなる…そんなアットホームさが伝わる展示会だったかと思います。

 

わたなべ(航)


関連ページ

Facebook

移住経験インタビューに新規記事を掲載しました

移住経験インタビューページに森瑞稀さんの記事を掲載しました。

千葉県出身の森さんは、管理栄養士を目指せる埼玉の大学に進学し、大学卒業までを実家で過ごします。

満員電車に揺られながら毎日片道2時間かけて通学。就職活動が本格化するなか、関東圏で働く意味を見出せずにいた森さんは、地方での就職を考え始めます。

様々な移住候補地があるなか、新潟でも就職活動を開始。

新潟市内の法人から内定をもらい、現在はグループホームの介護職員として活躍されています!

「もっと移住のハードルを下げても良いのでは?」と語る森さんのインタビュー記事はコチラから!

移住経験インタビューページ

ご相談窓口・お問い合わせ