新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

お知らせ

6月11日(日)HAPPYターン リアルトーク”子育て中のセンパイ家族と話そう”を開催します!

いつかは移住したい…そんな風に考えたことはありませんか?
子どもと過ごす時間は限られています。通勤時間が地方大都市圏で最も短く、育児時間も長くとれる新潟市なら、子どもとの時間をもっともっと増やせますよ。
新潟市へ移住して子育てをしているセンパイたちが、新潟市の子育て事情についてありのまま話します。また、長年子育てママをサポートし続けている子育て応援施設の代表や教育委員会職員など新潟市の子育てについては全て聞けるようにフル体制でお待ちしています!
さらに、当日は新潟県U・Iターンコンシェルジュも参加し、転職相談もできます。
ほどよく都会でほどよく田舎な新潟市で、仕事とプライベートをどちらも大事にしながら、のびのびとお子さんと過ごす、最初の一歩を踏み出しましょう。
Let’s HAPPYターン!

 

日時・会場       

日 時 平成29年6月11日(日曜)14:00~17:00(受付13:30~)
会 場 アーツ千代田 3331  1Fコミュニティスペース
住 所 東京都千代田区外神田6丁目11-14
参加費 500円

ゲストスピーカー

川畑さん家族 夫:高一さん(Iターン) 妻:愉規さん(Uターン)

夫の高一さんは神戸市出身。転勤で新潟市に来た際に妻・愉規さんと出会い結婚。その後、東京で別の仕事を経て地元神戸へ。愉規さんにとって知らない土地で子ども3人を育てるのは大変だったこともあり、これからの生活を考え、昨年10月に愉規さんの地元である新潟市へ移住。ご夫婦に新潟での暮らしについて聞いてましょう。

⇒川畑さんの移住者インタビューはこちらからご覧いただけます。

荒川 由晃さん(Iターン)


東京出身。昨年の春に転職で新潟市へ。東京では競争が激しいPR・広告業界で勤務していたため、子どもと関わる時間もなかったそうですが、前職での地方と関わる仕事がきっかけとなり、奥様の地元である新潟市にIターン。Iターン前後のワークライフバランスや、東京と新潟の子育て・教育事情の違いなどを聞いてみましょう。

⇒荒川さんの移住者インタビューは移住ガイドブック「HAPPYターンmag」でご覧いただけます。

新保 まり子さん(子育て応援施設 ドリームハウス代表)


ご自身で、子育て応援施設を立ち上げ20年以上子育てママをサポートし続けている新保さん。転勤したママ達の会も6年以上続けており、誰よりも新潟へ来たママ達の悩みを聞いている、まさに今回のイベントにピッタリな方です!新潟で子育てをしているママ達はどんな悩みを持っているのか聞いてみましょう。

 

司会

鈴木 博之さん(株式会社ニイガタ移住計画 代表取締役)

鈴木 博之 さん
新潟への移住者増加を推進する会社<株式会社ニイガタ移住計画>の代表。自身も首都圏からの移住者で、双子を含む3人の子どもを持つ子育てパパ。

 ⇒鈴木さんの移住者インタビューはこちらからご覧いただけます。

転職相談ブース

新潟県U・Iターンコンシェルジュ


転職のエキスパートであるコンシェルジュが相談に応じます。

 

開催内容

  • 新潟市の紹介(暮らし全般、教育関係など)
  • ゲスト自己紹介・トークセッション
  • ゲストと参加者のグループトーク(新潟県U・Iターンコンシェルジュへの相談も可能)
  • 参加者全員による座談会
  • 休憩中、軽食をご用意します。

グループトークの様子

座談会の様子

 

保育サービス

本セミナーでは、保育士による保育サービスを行います。お子さんを同会場内に、無料で預けることが出来ます。希望する方は申込みフォームに必要事項を記載ください。

 

夫婦来場特典

夫婦でご来場いただいた参加者に、新潟市に本店を構える「古町糀製造所」の「毎日飲む糀 PLAIN 500ml(甘酒)」を夫婦1組につき1本プレゼントします。※一人親家庭の方にもプレゼントします。

主催

 新潟市

チラシ

 HAPPYターンリアルトークチラシ(表裏).pdf

申込み

申込みフォーム

問い合わせ先

地域・魅力創造部 新潟暮らし奨励課
電話:025-226-2149 E-mail:kurashi@city.niigata.lg.jp
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1