新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

お知らせ

学生×地域の魅力探求プロジェクト「トビラ」 成果発表会

学生×地域の魅力探求プロジェクト「トビラ」の成果発表会を実施します!
「トビラ」では、2019年9月~12月の間の約3ヶ月間で、学生メンバーと市内5つの受入団体で共同プロジェクトを実施しています。今回はその成果発表会として、各プロジェクト毎にこの3ヶ月の取り組み内容や、感じたこと・気持ちの変化などを学生さんに発表してもらいます。

各プロジェクト毎に取り組み内容が全く異なるので、様々な取り組み事例を知ることができます。
「地域活性化」や「関係人口」といったキーワードに関心がある方には、是非参加していただきたいイベントです!

各プロジェクトの取り組み内容についてはコチラから。

日時・会場

日 時 2020年1月18日(土曜)14:00~17:00(受付13:30~)
会 場 内野まちづくりセンター
内野駅から徒歩2分、駐車場あり(102台)
住 所 新潟市西区内野町413番地
定 員 50名
参加費 無料
対象 
県内外問わず地域と人の関係づくり、このような取り組みに興味のある方

司会

井上有紀さん(にいがたイナカレッジ

1993年生まれ。東京都出身。明治大学農学部卒業。2015年4月に大学を休学し、新潟市内野町の老舗のお米屋さん「飯塚商店」に魅せられ、「つながる米屋コメタク」を同じように移住した2人と始める。大学卒業後、長岡市にあるにいがたイナカレッジに就職し、地域インターンのコーディネーターとして働いて3年目。

開催内容

学生×地域の魅力探求プロジェクト「トビラ」の成果発表

  • 第1部 各プロジェクト(5団体)の成果発表
  • 第2部 振り返りワークショップ

主催、企画・運営

 新潟市、にいがたイナカレッジ

申込み(募集期間1月15日(水)まで

申込みフォーム

関連サイト

各プロジェクトの様子

にいがたイナカレッジイベントページ

問い合わせ先

経済部 雇用政策課 新潟暮らし推進室
電話:025-226-2149 E-mail:kurashi@city.niigata.lg.jp
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1

【11/30】HAPPYターン交流会 開催レポート

日 時:令和元年11月30日(土曜) 13:00~16:00

会 場:GIA 新潟国際自動車大学校(新潟市中央区紫竹山)

参加者:15名

主 催:ミチシルベ(新潟市移住者応援有志の会)・新潟市

■ はじめに

これまで開催してきた「HAPPYターン交流会」での活動内容やその成果について、交流会を市と共催しているミチシルベ(新潟市移住者応援有志の会)から発表がありました。

また、交流会をきっかけに有志で活動した“スピンオフ企画”も紹介。「古町はしご酒」や「浴衣で古町散歩」「カーリング体験」など、皆さんの声から様々な企画が実現しています。気になった方はミチシルベfacebookをチェックしてみましょう。新しい趣味友達ができるかもしれません。

■ 雪道運転の事前準備とアドバイス

講師には昨年に引き続き新潟マツダ自動車㈱の方からお越しいただき、これから覚悟しなくてはいけない「雪道運転」の事前準備について色々と教えていただきました。

降雪前に準備すべき必須アイテム(スノーブラシやスコップなど)の紹介、雪道の危険スポット(橋の上、日陰等)などなど、参加者の皆さんはメモを取りながら真剣に聞いていました!

自動車の事故は年々減ってきてはいるそうですが、冬の事故はあまり減っていないそうです。。

気を付けないといけませんね!

■ タイヤ交換体験

タイヤ交換を教えてくれたのは新潟国際自動車大学校の先生お二人。

まずは座学で基本的なやり方を学び、その後3チームにわかれて全員でタイヤ交換体験をしました!

自分でタイヤ交換をすると、ついついボルトを締め過ぎてしまう方が多いそう。

今回は専用の器具を使いながら、適正なボルトの締め具合を体感しました!

初めてタイヤ交換をする方が多く、「こんなに大変なんだ。。」といった声がどのグループからも聞こえました。

まずは、ホイルキャップを外します。

先生方は難なく外しますが、これが意外と難しい!

ついでにワイパーの交換方法も教えていただきました!

メーカー、車種によって取付け方が違うので、自分の車を事前にチェックしておくといいかもしれませんね♪

■ ワークショップ(冬の不安や困ったこと/楽しみ方)

3つのグループに分かれ、新潟の冬の不安や困ったこと、楽しみ方などについて意見交換しました。
どのグループも活発な意見が飛び交っていました。

最後にグループ発表の様子。
ここからまた新たなスピンオフ企画が生まれそうな予感がします♪

■ おわりに

交流会を通じて、新たな繋がりが生まれ、ここからまた楽しい企画が生まれてきそうです。また、今回も新たに「新潟市HAPPYターンサポーター」に登録した方がいらっしゃいました。交流会に参加したり、新潟暮らしの魅力を発信するなどの活動を行っていただくHAPPYターンサポーターは、随時登録を受け付けています。
今後も引き続き、交流会を開催していく予定ですので、このホームページやフェイスブック、市報等でお知らせします。

新潟市HAPPYターンサポーターの登録はコチラ

 

わたなべ(悠)


関連ページ

【11/30】HAPPYターン交流会を開催します

新潟市HAPPYターンサポーターの皆さん

■過去の交流会

第1回

第2回

第3回(ガイドブックを作ろう)

第4回(お土産)

第5回(子育て)

第6回(米菓)

第7回(新潟駅)

第8回(方言)

第9回(岩室温泉)

第10回(郷土料理)

第11回(まちあるき)

第12回(冬の過ごし方)

第13回(子育て)

第14回(まちあるき)

第15回(新潟すごろく)

第16回(バス交通)

第17回(南区フルーツ)

第18回(冬の過ごし方)

第19回(笹団子&ぽっぽ焼き作り)

第20回(子育て)

第21回(まちあるき)

第22回(アルビサポーター体験)

松浜Rプロジェクト 11/30 参加レポート

日 時:令和元年11月30日(土曜) 10:00~14:00

会 場:CROSS HARBOR(新潟市北区三軒屋町2-10)

参加者:38名(受入団体3名、コーディネーター1名、学生6名、学生サポートメンバー3名、一般参加者25名)

 

■ 事前準備

今回は、今まで企画を練ってきた「旬を味わう松浜きっちん」のイベント当日。
学生さんは朝8時前から準備をしていたようで、当日の進行表も作成し、準備万端!

参加者のみんなが楽しんでくれるのか…不安と期待が入り混じった様子でした。

■ 開会のあいさつ

その後、参加者が続々と集まり、賑やかな雰囲気に。
沖津さんから開会のあいさつと学生メンバーの自己紹介がありました。

■ 調理の様子

その後、5グループに分かれ、調理を開始。
今回のメインは新潟の郷土料理でもある「のっぺ」。地域や家庭によって食材や食材の切り方も異なる料理ですが、学生さんは今まで松浜地域でのヒアリングを通して、おいしいのっぺの作り方を教わっていました。

学生さんからおいしくできるためのポイントの紹介もありました。
レンコンは沸騰したお湯で1~2分茹でておくとシャキシャキ感が残っておいしくできるみたいですよ~。

みんなでの共同作業を通して会話も広がっていました♪

今回はのっぺのほかにも、松浜の漁港からいただいた鮭とシジミを使い、「鮭のちゃんちゃん焼き」と「ボンゴレビアンコ」も作りました。立派な鮭の切り身には、お子さんたちも興味深々!

■ 料理完成

続々と料理が出来上がっていきますが、学生さんたちが前日から仕込み、準備していた「松浜鮭の炊き込みご飯」「松浜シジミの味噌汁」「のっぺ」がテーブルに!のっぺは当日作ったものとの味の違いを比べるために用意していたとのこと。

 

 

 

 

 

…豪華すぎます。笑

 

のっぺは最後にいくらを湯通ししたものをのせて完成!
見た目も綺麗な、とってもおいしいのっぺになりました~♪

■ 実食

料理がすべて揃ったところで、みんなでいただきました。
すべての料理に松浜で獲れたものが使われ、本当に豪華なランチタイムになりました。

特に松浜の鮭のおいしさには驚きましたね~!

■ 活動報告

食事後、学生さんからイベント本番に向けてどのようなことに取り組んできたのか活動報告がありました。本当に多くの準備をして、イベント本番を迎えたことが分かります。

その後、グループ単位で松浜に関するクイズも行われ会場は盛り上がりました。
優勝グループにはCROSS HARBORの食事券をプレゼント!

最後に沖津さんから締めのあいさつをしていただき、記念撮影~♪

■ ふりかえり

無事、イベントを終えた後は片付けと、簡単に振り返りも実施。

アンケートでは、

「松浜のことを知れてよかった。こどもたちも喜んでいた。」

「次回があるとうれしいなぁ」

といった声も。参加者全員が「楽しかった」と回答し、満足度の高いイベントになりました!

学生メンバーからは、

「うまくいくか不安な気持ちもあったが、参加者の方の楽しんでいる様子をみて、自分たちも楽しめた。」

「料理中の参加者との会話で、また勉強になることもあった。」

といった声が聞かれました。

■最後に

本番のために事前リハーサルや、広報活動、前日は遅くまで準備をしていたようで本当にお疲れ様でした。

結果として、予定人数を上回る人が参加。
そして何より、みんなが料理や会話を楽しんでいる様子が印象的な素敵なイベントになりました。大成功だったのではないでしょうか!

ふりかえり会をまた別日に開催とのことで、この3ヶ月での自分自身の成長を振り返りながら、1月の成果発表会ではレベルアップした発表を期待しています!

 

わたなべ(航)


関連ページ

Facebook

1月11日(土)新潟市HAPPYターン相談会を開催します!

新潟市への移住(UIJターン)について、1対1で何でも気軽にご相談いただける相談会を東京で開催します!気候、交通、住まい、教育、レジャーなど、どんどんご相談ください。また、転職のエキスパート、新潟県U・Iターンコンシェルジュも参加し仕事について個別相談もできます。みなさまのお越しをお待ちしております。

日時・会場

日 時 2020年1月11日(土)10:30~15:30
会 場 ㈱パソナ本社(東京都千代田区大手町2-6-2 JOB HUB SQUARE
※ いつもと会場が異なりますので、ご注意ください。到着されたら受付にお声掛けください。

開催内容

移住・転職に関するご相談に新潟市職員、新潟県U・Iターンコンシェルジュが無料で対応いたします。

申し込み

事前予約制となっておりますので、下記ページより必要事項を入力の上、1月8日(水)までにお申し込みください。

当日の相談希望時間は、先着順とさせていただきます。相談の時間帯は、相談日の前日までにご記入いただいたメールアドレスにお伝えいたします。

申込みフォーム

共催

新潟県U・Iターンコンシェルジュ

問い合わせ先

経済部雇用政策課 新潟暮らし推進室
電話:025-226-2149 E-mail:kurashi@city.niigata.lg.jp
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1

新潟市HAPPYターン相談窓口(新潟市東京事務所)
電話:03-5216-5133 E-mail:office.tokyo@city.niigata.lg.jp
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-1 日本都市センター会館9階

12月29日(日)~30日(月)・1月3日(金)~4日(土)HAPPYターン年末年始相談会in新潟を開催します

年末年始に帰省された方の相談に応じるため、首都圏で開催しているHAPPYターン相談会(新潟へのUIターン相談会)を新潟市で開催します!

気候、交通、住まい、教育、レジャーなど、どんどんご相談ください。みなさまのお越しをお待ちしております。

当日は転職のエキスパート「新潟県UIターンコンシェルジュ」も同席するので、仕事の相談もできます!

日時・会場

日 時   令和元年12月29日(日)~30日(月)/令和2年1月3日(金)~4日(土)  各日9:30~17:30(最終受付16:00)
会 場 新潟市役所 分館 1-101会議室
新潟市中央区学校町通1番町602番地1

※ 駐車場をご利用の方は市役所本館駐車場または分館駐車場をご利用の上、駐車券をお持ちください。お越しの際に無料処理を致します。

開催内容

移住全般に関するご相談に新潟市職員が無料で対応するほか、「新潟県UIターンコンシェルジュ」への仕事の相談も可能です。

申し込み

事前予約者優先となっておりますので、下記ページより必要事項を入力の上、お申し込みください。

※ 閉庁日(12/29(日)・30(月)、1/3(金)・4(土))に申し込みをされる場合はお電話でお願いいたします。
  025-228-1000(市役所代表)
  「HAPPYターン年末年始相談会の件で~」とお伝えください。

申込みフォーム

共催

新潟県U・Iターンコンシェルジュ

問い合わせ先

経済部 雇用政策課 新潟暮らし推進室
電話:025-226-2149 E-mail:kurashi@city.niigata.lg.jp
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1

新潟市HAPPYターン相談窓口(新潟市東京事務所)
電話:03-5216-5133 E-mail:office.tokyo@city.niigata.lg.jp
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-1 日本都市センター会館9階

ご相談窓口・お問い合わせ