新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

お知らせ

3月13日(土)・14日(日) JOIN 移住・交流&地域おこしフェアに出展します!

全国の地域と繋がるチャンス!

3月13日(土)・14日(日)にJOIN 移住・交流&地域おこしフェアが開催されます!
今回はオンラインでの開催となり、特設サイトがオープンし、移住に役立つコンテンツがYouTube Liveで配信されます。
オンラインで相談できるリモートブースもあります。
新潟市もリモートで出展しますので、UIターン検討されている方は、ぜひお越しください。

日時・会場

日 時 2021年3月13日(土)・14日(日)各日10:00~18:00
会 場 オンライン開催

詳しいイベント情報については、下記ホームページをご覧ください。

JOIN 移住・交流&地域おこしフェア

第2弾!東京圏在住の学生に食を届ける「にいがたフード・エール便」プロジェクト

 

プロジェクト概要

新潟市出身で東京圏に進学した学生を対象に、名産・特産品など、「にいがたの食」を届けます!

ご好評につき、第2弾を実施します!

「にいがたフード・エール便」は、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、特に感染拡大地域で暮らす大学生等に「ふるさとにいがたの心を食に乗せて届けたい」という思いで計画されたもので、「フードバンクにいがた」と新潟市内在住の大学生との協働で行われます。

少しでも郷土愛を感じてもらうとともに、同じ学生がエールを送ることで社会全体の感染拡大防止意識の向上につなげることを目的としています。

ご希望の学生は、是非お申込みください!

「にいがたフード・エール便」チラシ

対象

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に住む新潟市出身※の大学・専門学生本人

※新潟市出身とは、新潟市内の中学校または高校を卒業された方です。

※第1弾に応募した方も対象となります。

定員

500人(応募多数の場合抽選)

申込方法

令和3年2月14日(日曜)午前9時から令和3年3月14日(日曜)午後5時までに、専用サイトにいがたフード・エール便」内にある申込フォームからお申込みください。

※申込はご本人のみとなります。
※当選結果の通知は、食料の発送(3月中旬頃)をもって代えます。

お問合せ先

フードバンクにいがた事務局
〒950-0965
新潟市中央区新光町6番地2 勤労福祉会館
電話:025-384-4466

【12月12日】HAPPYターン交流会 開催レポート

日 時:2020年12月12日(土曜) 13:30~16:30

会 場:新潟市役所本館 講堂

参加者:27名

主 催:ミチシルベ(新潟市移住者応援有志の会)・新潟市

■ はじめに

これまで開催してきた「HAPPYターン交流会」での活動内容やその成果について、交流会を市と共催しているミチシルベ(新潟市移住者応援有志の会)から発表がありました。

また、交流会をきっかけに有志で活動した“スピンオフ企画”も紹介。ランニング会、古町はしご酒、カーリング体験など様々な活動が行われています。気になった方はミチシルベfacebookをチェックしてみましょう。新しい趣味友達ができるかもしれません。

■ 移住して困ったこと・してみたいこと

緊張をほぐすため、アイスブレイクとして自己紹介と移住して困ったことを各自発表しました。その後、「新潟でやってみたいこと」をテーマにグループワークを行い、どんどん意見が飛び交っていました!

意見をまとめてグループごとに発表をしました。

うまいものめぐりがしたい!おいしい海鮮を食べたい!といった食に関するものや、米作りや野菜作りをしてみたいといった農業に関するもの、登山やウィンドサーフィンといった自然に関するものまでたくさんの「やりたい!」がありました。ぜひ新潟を満喫してください!

■ 伊藤さんによるまちあるき

みなさんがほぐれてきたところで、今日のまちあるきの講師である伊藤頼子さんから今日のコースについて事前講義をしてもらいました。伊藤さんは新潟シティガイドであり、新潟イザベラ・バード研究会の代表でもあります。「イザベラ・バードが見た新潟」をテーマにイザベラ・バードが来日後、どのように旅をし、旅行記を描いたかを教えてもらいました。歴史上の偉人が数多くでてきます。

その後、市役所を飛び出してまちあるきスタート!
市役所からNEXT21までを歩きます(赤実線)。

雨模様でしたが、屋根のある路地を中心に歩きます。
伊藤さんの説明を聞きながら広い道も歩きますが・・・

こんな路地も歩きます。
通れるの!?

小さなお子さんも参加してくれました。頑張って歩いてます。

伊藤さんからの説明を随所に聞くことで、普段何気なく通っている道でも見逃していることが多いことに気付きます。

ちょうどクリスマスシーズンで、ふるまちモールもイルミネーションが点灯しています。
きれいなイルミネーションを見ながら会話も弾みます。

ゴールはNEXT21。
こちらには大きなツリーがあり、最後にみなさんで記念撮影をしました。

■ おわりに

交流会終了後には連絡先の交換をしている人もいて、新たなつながりが生まれていました。また、今回も新たに「新潟市HAPPYターンサポーター」に登録した方がいらっしゃいました。交流会に参加したり、新潟暮らしの魅力を発信するなどの活動を行っていただくHAPPYターンサポーターは、随時登録を受け付けています。
今後も引き続き、交流会を開催していく予定ですので、このホームページやフェイスブック、市報等でお知らせします。

新潟市HAPPYターンサポーターの登録はコチラ

田中

関連ページ

新潟市HAPPYターンサポーターの皆さん

■過去の交流会

第1回

第2回

第3回(ガイドブックを作ろう)

第4回(お土産)

第5回(子育て)

第6回(米菓)

第7回(新潟駅)

第8回(方言)

第9回(岩室温泉)

第10回(郷土料理)

第11回(まちあるき)

第12回(冬の過ごし方)

第13回(子育て)

第14回(まちあるき)

第15回(新潟すごろく)

第16回(バス交通)

第17回(南区フルーツ)

第18回(冬の過ごし方)

第19回(笹団子&ぽっぽ焼き作り)

第20回(子育て)

第21回(まちあるき)

第22回(アルビサポーター体験)

第23回(冬の過ごし方)

第24回(子育て 中止)

第25回(オンライン)

新潟市移住促進特別支援金交付事業【就業・起業】

新型コロナウイルス感染症の拡大を契機に、東京圏(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)在住者の地方暮らしに対する関心の高まりがあることから、「新潟市への移住・定住促進」及び「中小企業等における人材不足の解消」を目的として、本市への移住者に特別支援金を交付します。

◎下記の支援金との併給はできませんのでコチラを確認☟

新潟市移住支援金 ・新潟市移住促進特別支援金【体験居住】

 

申請方法 ※令和3年1月12日より申請方法が変更になりました

1.交付申請

(1)移住元に関する要件

  • 本市に住民票を移す直前に、連続して1年以上、東京圏に在住していたこと

(2)本市に関する要件

以下の全てに該当すること。

  • 令和2年7月1日 から令和3年3月31日の間に本市に住民票を移して転入し、かつ就業を開始したこと※新卒採用を除く
  • 申請日から3年以上、本市に継続して居住する意思を有していること(※申請日から3年未満で転出した場合、全額返還)
  • 暴力団等の反社会的勢力又は反社会的勢力と関係を有する者でないこと
  • 日本人であること又は外国人であって、永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者、特別永住者のいずれかの在留資格を有すること
  • その他市長が特別支援金(就業・起業)の対象として不適当と認めた者でないこと

(3)仕事に関する要件 ※①就業又は②起業のいずれかの要件を満たすこと

【①就業の場合】

以下の全てに該当すること。

  • 就業先が、新潟県の運営する「企業情報ナビ」、または新潟市就職応援サイト「にいがたで働こう」に掲載している法人(国・地方公共団体を除く)であること
  • 就業者にとって3親等以内の親族が代表者、取締役などの経営を担う職務を務めている法人への就業でないこと
  • 週20時間以上の無期雇用契約に基づいて就業し、申請時において当該法人に連続して1か月以上在職していること
  • 当該法人に、申請日から3年以上、継続して勤務する意思を有していること(※申請日から1年以内に要件を満たす職を辞した場合、全額返還)
  • 転勤、出向、出張、研修等による勤務地の変更ではなく、新規の雇用であること
  • 勤務地が東京圏以外の地域又は東京圏内の条件不利地域(下記表のとおり)に所在すること
都県 条件不利地域
埼玉県 秩父市、飯能市、本庄市、ときがわ町、横瀬町、皆野町、小鹿野町、東秩父村、神川町
千葉県 館山市、勝浦市、鴨川市、富津市、いすみ市、南房総市、東庄町、長南町、大多喜町、御宿町、鋸南町
東京都 檜原村、奥多摩町、大島町、利島村、新島村、神津島村、三宅村、御蔵島村、八丈町、青ヶ島村、小笠原村
神奈川県 山北町、真鶴町、清川村

 

【②起業の場合】

以下のいずれかに該当すること。

  • 公益財団法人にいがた産業創造機構が定めるUIターン創業応援事業(詳細は7月中に公開予定)の交付決定を受けて1年以内であること(※交付決定を取り消された場合、全額返還)
  • 新潟市中小企業開業資金貸付の融資決定を受けて1年以内であること(※融資決定を取り消された場合、全額返還)

※(1)~(3)の要件全てを満たした場合に、下記の必要書類を令和3年3月31日(本市に転入後6か月以内に限る)までに本市に提出願います。

≪必要書類≫

  • 特別支援金(就業・起業)交付申請書(別記様式第1号)WordPDF
  • 写真付き身分証明書の写し
  • 移住元の住民票除票の写し
  • 【就業の場合】就業先企業等の就業証明書(別記様式第2号)WordPDF
  • 【起業の場合】UIターン創業応援事業の交付決定通知書の写し、又は新潟市中小企業開業資金の融資に係る契約書の写し

2.実績報告

交付決定後1か月を経過した日から6か月以内に、下記の書類を本市に提出願います。

  • 特別支援金(就業・起業)実績報告書(別記様式第4号)WordPDF
  • 住民票の写し(交付決定から1か月以上経過した発行日のものに限る。)
  • 誓約事項(別記様式第4号別紙1)PDF、個人情報取扱(別記様式第4号別紙2)PDF
  • 振込先が確認できる預金通帳の写し
  • 【就業の場合】就業先に連続して1か月以上在職したことを証する在職証明書(別記様式第5号)WordPDF

支給額

1世帯あたり30万円

交付要綱

新潟市移住促進特別支援金(就業・起業)交付要綱

※令和3年1月12日に一部変更しました。

チラシ

新潟市移住促進特別支援金(就業・起業)チラシ

 

問い合わせ先

経済部 雇用政策課 新潟暮らし推進室
電話:025-226-2149 E-mail:kurashi@city.niigata.lg.jp
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地 古町ルフル5階

第1弾受付終了!東京圏在住の学生に食を届ける「にいがたフード・エール便」プロジェクト

 

プロジェクト概要

新潟市出身で東京圏に進学した学生を対象に、名産・特産品など、「にいがたの食」を届けます!

「にいがたフード・エール便」は、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、特に感染拡大地域で暮らす大学・専門学校1年生に「ふるさとにいがたの心を食に乗せて届けたい」という思いで計画されたもので、「フードバンクにいがた」と新潟市内在住の大学生との協働で行われます。

少しでも郷土愛を感じてもらうとともに、同じ学生がエールを送ることで社会全体の感染拡大防止意識の向上につなげることを目的としています。

ご希望の学生は、是非お申込みください!

「にいがたフード・エール便」チラシ

対象

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に住む新潟市出身※の大学・専門学校1年生本人

※新潟市出身とは、新潟市内の中学校または高校を卒業された方です。

定員

200人(応募多数の場合抽選)

申込方法

令和3年1月3日(日曜)午前9時から令和3年1月31日(日曜)午後5時までに、専用サイトにいがたフード・エール便」内にある申込フォームからお申込みください。

※申込はご本人のみとなります。
※当選結果の通知は、食料の発送(2月中旬頃)をもって代えます。

お問合せ先

フードバンクにいがた事務局
〒950-0965
新潟市中央区新光町6番地2 勤労福祉会館
電話:025-384-4466

ご相談窓口・お問い合わせ