関係人口プロジェクト

2022.06.20

2022年度 学生×地域の魅力探求プロジェクト「トビラ」

 

学生・受入地域の双方が地域の新たな魅力の「トビラ」をひらくプロジェクト

学生×地域の魅力探求プロジェクト「トビラ」とは?

進学で新潟市に来た大学生に、新潟市の魅力に触れてもらい、愛着を持ってもらうことを目的として、2019年度から始まりました。

地域に関わってみたい学生が、地域の魅力的な人と関わりながら、地域の魅力発信や課題解決に繋がる成果物を作成します。

2022年度は、県内学生向け3か月通い型プログラム(5地域)と県外学生向け滞在型プログラム(1~2地域)を準備しています。それぞれの地域によってテーマは異なります(※後日公開)が、ミーティングやまちあるき、地域のお手伝い、成果物作成、報告や発信などをチームごとに行います。

まだ知らない地域に出会ってみたい方、地域の魅力を発信してみたい方、ぜひご参加ください。

⇒詳細・応募方法などはこちら(イナカレッジHP)

プロジェクトの企画・運営

にいがたイナカレッジ(公益社団法人 中越防災安全推進機構)

 

プロジェクト概要

■通い型

【実施時期】2022年9月上旬~12月中旬の約3か月間

【活動日数・頻度】1~2週間に1日程度 ※活動の日程は、受入地域と学生の都合で調整

【対象】新潟県内の大学生・専門学生・短大生

【定員】各プロジェクト3~4名

【プロジェクト数】5つ(いずれも新潟市内の地域)

 

■滞在型(松浜地域)

【実施時期】2022年8月24日~8月28日

【活動日数】4泊5日

【対象】新潟県外の大学生・専門学生・短大生

【定員】3名

【滞在場所】地域内旅館「しかい」(予定)

 

プロジェクト一覧

■通い型

<後日公開>

 

■滞在型(松浜地域)

花火と商店街のある地域を体感する!夏の松浜暮らし発信プロジェクト

※プロジェクトの内容はこちら(イナカレッジHP)

 

詳細・応募方法など

こちら(イナカレッジHP)

 

連記事

2021年度トビラプロジェクト

2020年度トビラプロジェクト

2019年度トビラプロジェクト

このページのトップへ