新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

移住へのステップ ~「新潟暮らし」の始め方~

STEP1どんな暮らしがしたいかを明確にしよう

自分や家族が、何のために移住をして、そこでどんな生活を送りたいのかをよく確認しましょう。
すでに移住している人の経験も参考に。

  • 家族やパートナーとよく話し合い、賛成を得る
  • 自分なりの条件をリストアップする

STEP2新潟市のことを知ろう(情報を集める・相談する)

住みたい地域についての情報を集めましょう。
インターネット等で情報収集したり、東京などで開催している移住相談会も活用してみてください。
首都圏にお住まいの方は、新潟市東京事務所内にある「新潟市HAPPYターン相談窓口」や表参道・新潟館N’ESPACEの2階にある「にいがた暮らし相談窓口」で相談を受け付けています。
もちろん、新潟市新潟暮らし奨励課にもお気軽にご相談を。

  • インターネットで情報収集をする
  • 移住相談会など関連イベントに参加する
  • 行政の窓口に相談する

STEP3候補地を見てみよう

収集した情報を自分で確認し、その土地の雰囲気をつかむためにも、候補地を訪れてみましょう。
話だけではわからない、日々の暮らしや地域の様子を知ることができます。
グリーンツーリズムや観光ツアーを利用して市内を訪れるだけでも、「新潟暮らし」をイメージしやすくなります。

  • グリーンツーリズムや市内イベントの開催状況をチェックする
  • 実際に市内を訪れ、現地の様子を体感してみる
  • 現地を訪れて感じたことを整理しながら、生活のイメージを深める

STEP4仕事を探そう

首都圏にお住まいの方で市内企業への就職を希望される方は、にいがたUターン情報センターをご活用ください。
相談、アドバイス、情報提供など専門スタッフによるU・Iターン就職のサポート体制が充実。
新潟県U・Iターンコンシェルジュ制度を利用する方法もあります。
就農や起業をお考えの方もそれぞれ専門の窓口がありますので、まずは相談してみましょう。

  • 持っている資格やスキルを整理しておく
  • インターネットで企業情報・求人情報を集める
  • 移住後に仕事を探す場合は、当面の生活費を準備しておく

STEP5住まいを探そう

アパート、一戸建ての貸家、マンション、新築・中古住宅など様々な選択肢があります。
自分の生活にあった住宅を探してみましょう。
中古物件は、安くても改修費がかさむとこもあるので事前によく確認を。
通勤や周辺の環境などにより、自家用車が必要となる場合もあります。
住まいに関する助成制度もありますので、調べてみましょう。

  • インターネットで物件情報を集める
  • 地元の不動産業者にも問い合わせてみる

さあ、新潟市へ!
いよいよ 新潟暮らしの始まりです