新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

新潟市 移住・定住 情報サイト HAPPYターン

お知らせ

第1回HAPPYターン交流会 開催レポート

時 間:7月3日(日)14:00~16:00

会 場:中央区関屋浜 「Sea Point Niigata」

参加者:38名

平成28年7月3日,中央区関屋浜の海の家「Sea Point Niigata」で,第1回HAPPYターン交流会を市民団体ミチシルベ(新潟市移住者応援有志の会)との共催で行いました。

この交流会は新潟市に移住(UIJターン)した人同士が気軽に交流できる場を設けることで,新潟暮らしをより快適にしてもらおうと行ったものです。

午後2時の開始前から,参加者の方々が集まり始めました。海辺を散策する方,ミチシルベ会長のピアノ演奏を聴く方,移住者同士で歓談をする方など,想い想いに開始までの時間を待ちました。お子さん連れの家族や20歳代から60歳代まで,幅広い方々が集まりました。東京都や大阪府,愛媛県などから移住された方もいました。

img_5791

交流会では,新潟市で生活する中で困っていること,悩んでいることを「生活」「まち」「食」「ひと」のテーマに分け,グループごとに,解決策を考えました。

グループワークは,緊張をほぐすための自己紹介から始まりました。この自己紹介だけでも大盛り上がり!会場はあっという間に和やかな雰囲気になりました。

img_5832 img_5907

和んだところで,「新潟市に移住して困ったこと」について,それぞれが困ったことをフセンに書き出していきました。「交通が不便」「仲間づくりしづらい」「お店がわからない」などの意見がでると,「わかる~!」「そうそう!」など,お互いの意見に共感する声が各グループから聞こえてきました。子どもも大人に負けずに元気に意見を出していました。

そうして出た意見がどんどん掘り下げられ,これらの意見の中から,「本当に困っていること」「解決したら面白いかも!」「いい方法がある!」など,解決したい課題を1つ絞り込みました。

img_5855

解決したい課題が決まったら,次は解決策についてアイディアを出し,「美味しいお店がわからない」⇒「実際に回ってみる!」「オリジナルのお店マップ作成し,公表する」など,すぐに行動できるような意見も出てきました。

img_6322

全体でのグループ発表でも,共感と笑い声が絶えませんでした。参加してくれたお子さんも,お父さんと一緒に一生懸命発表してくれました。

img_0055 img_0036

交流会の最後に,移住希望者や移住者への移住・定住支援を実施する「HAPPYターンサポーター」募集のお知らせをしたところ,その場で17名の方がサポーターに手を挙げてくれました!「自分のように困った方の役に立ちたい」との声があり,皆さんの熱い想いを感じました。

img_5928

交流会後は,「Sea Point Niigata」でミチシルベ主催の懇親会が開かれ,交流会とはまた違った雰囲気の中,仕事やプライベートでの繋がりが広がっていました。皆さん,交流会以外でも,「何か一緒に活動したいね」と話していて,今後の展開が楽しみです。

こひなた

ご相談窓口・お問い合わせ